親に反対されても夢を追い駆け続ける

夢を追い駆けている人の人生は生き甲斐に満ち溢れ、美しいものです。一方同年代が正社員になる年齢になっても希望する職に就けない場合、周囲の視線だけでなく親との関係からトラブルが生まれる事もあります。自分が好きな事を追い駆け続ける以上、上手く対処するようにしましょう。両親との間で特に持ち上がりやすい問題が、お金と仕事のトラブルです。両親としてはとにかく子供に安定を求めるものですから、早い内に叶わない夢は諦めて就職してほしいものです。一方子供としては夢を諦めて就職した場合挫折を感じてしまいますし、追い駆けている職業によっては正社員になる事ができない場合もあります。例えば役者やお笑い芸人は定期的に舞台に立つ必要がありますので、まとまった休みが必要になります。しかしもちろん正社員でフレキシブルな休みは得られません。親との間にこうした問題が持ち上がった場合、できるだけ経済的に自立する努力をするようにしましょう。アルバイトを探すのはもちろんですし、早く親元から自立する事によって自分の覚悟を示さなければいけません。自立して食べて行く事ができる状況で芸人などの志望を追い駆け続けていれば、親としてもあまり厳しい事は言えないのです。また希望する志望とは別個に、安全牌になるような資格を得ておくのも良いでしょう。薬剤師や看護師など手に職つけておけばいざと言う時に正社員になる事も可能ですので、親を心配させる事が無いのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です